食物繊維フコイダンは免疫力を高める

海草類は体に良いため、積極的にとるようにと言われています。海草には体に必要な様々なミネラルや、食物繊維が含まれています。食物繊維には、水溶性のものと不溶性のものがあります。不溶性は、主に野菜に含まれており、大腸で水分を吸収し便通を良くする効果があります。海草に含まれているのは、水溶性です。水溶性のものは、水に溶けてゲル状になり、食べ物を包んで、胃や小腸の食物が移動するのをおさえるので、糖分や脂質が、ゆっくり吸収されるようになります。すると血糖値の急激な上昇がおさえられ、糖尿病の症状が改善されます。もずくや松前漬を食べると、独特の粘りがあって美味しいものですが、あのネバネバが、海草の食物繊維で、アルギン酸やフコイダンが含まれています。フコイダンは血液循環を良くするので、血管に障害がおこる、血栓や高血圧の症状改善に有効です。また、ナチュラルキラー細胞を活性化するという効果もあります。ナチュラルキラー細胞は、リンパ球の一種で、腫瘍細胞やウィルス感染細胞を攻撃します。そして、腫瘍が小さくなったり、免疫力があがります。ナチュラルキラー細胞が活性化すると、その効果は一層たかくなります。その為、ガン治療に役立つのではないかといわれています。

フコイダンは食物繊維

フコイダンは、コンブやワカメ、もずくなどのヌルヌルとしたぬめりに含まれる成分で、食物繊維の一種です。食物繊維には、水溶性のものと脂溶性のものがありますが、水溶性の方で、水に溶けるとヌルヌルとしたゲル状になります。海草の中で含有量が一番多いのは、もずくです。また、もずくには、人間の体にとって必要な必須アミノ酸がバランス良く含まれています。もずくというのは、たいへん栄養価値のある食べ物のようです。海藻類以外に、ナマコやウニの卵などにも含まれています。フコイダンのあのヌルヌルとした分泌物は、海草の表面が傷ついた時に細菌などが浸入しない働きがあり、海水が引いた後などにも表面が乾かないようにする役目をもっています。胃の中に入った時も、あのヌルヌルが胃壁を守るのでしょうか。フコイダンには、ピロリ菌の定着を阻害する作用があります。ピロリ菌とは、胃の中に住む細菌で、胃がんや大腸がんを引き起こすといわれる菌です。これだけでも大きな働きですが、ほかに機能性胃腸症の改善作用、抗腫瘍効果、抗血液凝固作用、コレステロールを低下される作用、抗炎症効果、抗アレルギー効果まであるらしく、たいへん注目されている成分です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*