フコイダンは様々なパワーを秘めた食物繊維です

フコイダンは、昆布やもずく、わかめなどに見られるヌルヌルした物質のもとになる成分です。ヌルヌルを作り出すフコイダンの正体は、硫酸多糖という食物繊維です。この硫酸多糖という物質は、フコースという単糖を中心に、ガラクトース、キシロース、ウロン酸などがいくつもつながった鎖状の構造を持ち、更にここに硫酸基という成分が結合しているのが大きな特徴です。硫酸基というと、化学物質である硫酸を連想しますが、硫酸基として他の物質と結合している状態では全く害のないもので、むしろ自然界にも多く存在しているものですので、心配はいりません。また、この硫酸基が、フコイダンが様々な効能を示す際に重要な役割を持つことが明らかになっていますので、むしろなくてはならない存在なのです。硫酸基を持つ食物繊維には、他にはない働きが見られます。硫酸多糖は、通常の食物繊維のように大腸で便の量を増やし、便通を良くするという効果を示すだけでなく、硫酸基が胃を修復、保護してしかもピロリ菌を除去するという効果もあるのです。昆布やもずくのヌルヌル成分には、このほかにもまだ研究段階ではありますが抗がん効果があるとの報告もされており、今後さらに注目していきたい成分です。

食物繊維が豊富なフコイダンで便秘解消

多くの女性が悩まされているのが、便秘です。便秘を解消するには適度な運度に、規則正しい生活、そして食物繊維の多い食事を取る事が大切です。食物繊維を豊富に含んでいる食材を摂取する事で、便の量が増え、排便をスムーズに行う事ができます。便秘解消に良い成分を豊富に含んでいるのが、ワカメや昆布などの海藻類です。昔からワカメや昆布などの海藻類を食べると、便秘解消に良いと言われていました。海藻類がなぜ便秘解消に良いと言われているのかというと、海藻類に含まれている成分に理由があるのです。ワカメや昆布などの海藻類の表面は、ヌルヌルとした粘質で覆われていますが、海藻類のヌルヌルとした部分には、フコイダンという成分が豊富に含まれています。フコイダンは、ワカメや昆布などの海藻類の表面が傷ついてしまった場合、細菌などの侵入を防ぐ効果があり、天然のバリア機能などと言われている成分です。このワカメや昆布などの海藻類に含まれているフコイダンは、水溶性の食物繊維でもあります。ですので、ワカメや昆布などの海藻類を摂取する事で、便秘の解消する事ができるのです。便秘は、ただ単に排便がスムーズにできなくなるというだけではなく、ダイエットの妨げや大腸がんを引き起こす原因となってしまう場合もあります。海藻類を意識的に摂取する事で、腸内を綺麗に保ち、様々な健康被害を予防する事ができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*